08/08(土) 21:51現在

連休の初日。

来週は休んでいる会社も多いだろう。

どこからも、何の連絡もないと思われるので自分も今日から 9連休にすることにした

もちろんコロナ禍であることだし、もちろん出不精、超インドア派であるため旅行どころか外出の予定もお盆の墓参り、その後の買い物くらいなものである。

外出自粛で大きなストレスを感じる人も多いらしいが、ずっと家の中でゴロゴロしていてもまったくストレスを感じない

お買い物日記』 担当者は本当に買い物が好きなので、ずっと家の中にいると多少のストレスは感じるだろう。

したがって、9連休中も 1度か 2度は買い物に出かけるつもりだ

08/08(土) 17:36現在

今朝の新聞の地方版を読むと、このあたりの小中学校は昨日が終業式だったらしい。

今日から短い夏休みになったようだが、短くても宿題は出るのだろうか

個人的には、自由研究までやる時間はないような気がする

08/07(金) 21:46現在

Twitterの不具合発生から今回は数時間で修正がなされた

やはり Twitter社は外部から更新情報を得られるのは嫌なようだ

次々に変更される仕様に食らいつく世界中の有志。

今回もプログラマー集団が勝利したが、Twitter社にも優秀な技術者がいる。

この攻防はいつまで続けられるのだろう

08/06(木) 21:52現在

あまりにも髪が邪魔になったので午後からとなりの店で切ってもらってきた

お兄ちゃんはここ数日続く夏日でまいっており、寝不足気味なのだという。

我が家は大阪の暑さで耐性ができているので、それほど辛くはない。

夜も窓を閉めて寝ていると言うと、お兄ちゃんは心底驚いていた

店を出ようとすると妹ちゃんが
「これ持って行って」
と、大きなトマトを 3つくれたのでありがたく頂いて帰宅。

それを見た 『お買い物日記』 担当者が、
「さっき妹ちゃんから山のように豆をもらったの」
と指差す先にはレジ袋からあふれんばかりのインゲン豆

どうやらとなりの店で食べきれないものは、すべて我が家に回ってくる仕組みらしい

08/06(木) 17:49現在

朝、知り合いの方からLINEで、うちの玄関先に家で採れた野菜を置いたからという連絡があった。

声をかけずに黙って置いたのは時間がなかったからとのこと。

でも介護施設で勤務をしている方なので、コロナ感染予防のために会うことを控えたのではないかと思っている。

会うことは出来なかったが、新鮮な野菜をいただいてとても嬉しい

08/05(水) 21:52現在

ずっと異常なくらい涼しかったが、ここにきて 5日連続の夏日となっている

前半の異常な涼しさが影響しているのか、今年は夏の虫の声が聞こえない。

数日前、やっと一匹のセミの声を聞いたが、それっきりである

いつもの夏であれば散歩中にキリギリスの声が聞こえたりするし、セミだって何匹か鳴いているはずだ。

そういえば、春にチョウチョもあまり見かけなかった。

異常気象が続いて虫の生態系にも何らかの影響が出ているのだろうか

これから先、秋になってもトンボが飛ばなかったりコオロギが鳴かなかったりしたら本気で心配したほうが良さそうだ

08/05(水) 17:13現在

昨日は夜になっても蒸し暑かったので、今季初のアイスノンを使って就寝をした。

先月から冷凍庫にアイスノンの場所を確保しておいたのだが、いざ入れようと思うと長年使っていたので、端から中の液がもれていた

それは大阪に住んでいる時に買ったので、15年以上使ったかもしれない。

その後、新しいものを購入したのだが、アイスノンよりPB商品が安かったのでそちらを選んだ。

ということで、アイスノンと言っているが、現在使っているのは類似品だ

08/04(火) 21:35現在

今朝の散歩の途中、いつもボランティアで交差点に立っているご婦人が女性と話をしていた。

信号待ちをしている間、『お買い物日記』 担当者と
「若いお母さんだねぇ」
「子どもに傘を持たせるのを忘れて届けるんだろうね」
などと話していたのだが、すれ違う横顔が妙に幼い

ご婦人に
「今の女性は・・・」
と聞いてみると、
「ああ、どこそこの店の娘さんで今は 5年生だったかな
と言う

なんと大人びた子どもなのだろう。

背の高さといい、雰囲気といい、所作といい、とても小学 5年生とは思えない

彼女の横を元気に男の子が走っていく。

頭の中には『個体差』という文字が大きく浮かんでいた

08/04(火) 17:15現在

スーパーの野菜売り場で、オクラを探したが見つからなかった。

なければ困るものではないが、献立を決めていたので、あれば欲しかった。

ここかなと思ったシシトウの近くにもなかったので、店員さんに聞こうか考えていると、年配のご婦人が品出しをしている店員さんに尋ねているところだった

奥まで確認をしに行って帰ってくるのをさりげなく近くで待っていると、今日は入荷がないと答えていた。

そうですか、ありがとうございますと心の中で伝えた