06/23(水) 17:36現在

今日の午後、保険の担当者が訪ねてきた。

帰りがけに風除室にあるバジルを見て
「育ってきていますね。毎年見ているから、安心しました」
と言っていた。

5月に来たときはまだバジルを植えていなかったので、元気に育っているところを見てもらえて良かった

06/22(火) 22:15現在

屋根の工事が終了した。

今までは横葺き屋根だったが、今度は縦葺きで色も変わって新鮮な気分だ

それにしても、18日に始まって日曜日を休んで丸四日間で足場の組み上げから屋根の工事、そして足場の撤去まで済ませるという早わざで

それでも仕事はおざなりではなく、きちんと仕上げてくれたらしい

・・・

『おざなり』と似た言葉で『なおざり』というのもある。

Google先生に訊いてみたところ、

「おざなり」は当座の間に合わせの意味であり、自分で意識的にいいかげんな言動をしてその場を逃れようとすること。一方「なおざり」は、注意深くないことであり、自分では意識せずにおろそかな結果になってしまう言動にも用いる。
(出典:コトバンク

とのことなので、今回の場合は『なおざり』を使うべきか

いや、『おざなり』でも間違いではない気もする。

とにかく日本語は難しい

06/22(火) 17:34現在

ずっと気温が低く涼しいと思うような日が続いていたが、ようやく気温が上がってきた。

そう言えば昨日は夏至だった

いよいよ北海道も夏らしくなってくるのだろう

06/21(月) 21:39現在

ここのところ、ずっと曇天続き、なおかつ低気温という日が続いていた。

肌寒いのを通り越して本格的に寒いと感じる日ばかりで、重ね着をして布団も少し厚くしたくらいだ

そんな中でもバジルは順調に育ち、プランターから溢れんばかりとなってきた

葉も大きくなってきたので、もう少しすると収穫できそうである。

いや、市販されているバジルくらい大きくなるまで待つべきだろうか

06/21(月) 17:42現在

ほぼ毎日、板金屋さんが仕事を終えて帰ったあと、外に出て屋根の写真を撮っている

今日も撮り終わって家に戻るとすぐに友人からLINEが来て、ちょうど写真を撮っている時にうちの前を車で通って行ったらしい。

なんの写真を撮っていたの?と尋ねられたので、修理中の屋根を撮ったと伝えた。

彼女がこの家の前を通勤で通っているとは知らなかった

06/20(日) 21:35現在

雨は降らない予報なので明日も屋根の工事はあるだろう。

工事初日、板金屋さんが休憩している間に足場を登って屋根の状態を見てみた。

最後に塗装してから約10年

ところどころ塗装が剥げ落ち、角の部分は金属がむき出しになっている部分もある

一般的に屋根は 10年ごとに塗装し直すべきだと言われているが本当だ。

北海道の場合は雪がつもり、それがずり落ちたりするため余計に劣化が早いのだろう

06/20(日) 17:55現在

先週の外出では、今まで見かけたことのない犬に会った。

フランダースの犬のような大型犬は、飼い主さんが細身でたまに引っ張られながら歩いていた

買い物中にすれ違っただけなので、また会えるかどうか分からないが、多分私よりも大きな犬だった

06/19(土) 21:40現在

屋根の修理は続いている。

その修理のためテレビのアンテナを固定している金具を一旦はずし、作業が終わったら付け直す作業があった。

パラボラアンテナを向ける方角が微妙なので心配したが、問題なく BSも CSも受信できている

こういう作業は各所で行われているので、板金屋さんも慣れているのだろう

06/19(土) 17:23現在

札幌でクマの目撃情報が出ているが、テレビのニュース映像を見ると市街地で目撃されているとのことだった

この街も熊が出ているので気をつけて下さいと自治体のホームページに載っているが、山道のことが多い。

自然界も色々変わってきてるのかもしれない

06/18(金) 22:16現在

久しぶりに散歩をしてきた

月曜日以来、四日ぶりのことだ。

火曜日と水曜日は雨が降っていたし、昨日は朝一番で病院に行ったので散歩をしていない

今日は久々だったにも関わらず山登りコースだったので、ちょっと面倒だと思っていたのだが、いざ登ってみると割と足へのダメージも少なく逆に気分が良かった。

明日からは土日なので、また散歩をしない日が続いたりするのだが