08/11(金) 22:14現在

日本人であれば五十音の『あ行』を「あいうえお」と言えるのは当たり前だ。

自分の場合、それに加えて『あの段』の「あかさたなはまやらわ」から『おの段』の「おこそとのほもよろを」まで言えたりする。

子どもの頃、壁に貼ってあった五十音を横に読んで覚えたのである 

しかし最初は『あの段』は「わらやまはなたさかあ」と逆に覚えていた 

答えは簡単、縦書きは右から左に書かれているが、横は左から右に読む。

したがって、真逆に覚えてしまったという訳だ 

だからどうしたという話ではなく、なぜか急に思い出したので書いてみただけだが 

コメント

お名前とe-mailアドレス、コメントは必須項目です *