我家あるある

生活をしていると何らかのパターンというか、身の回りで起こりがちなことというものがある。

そこで、今回は我が家のあるあるネタをいくつか。

あるある1. 芸能人の話をすると、1-2週間以内にテレビに登場する。

これは以前の雑感にも書いたような気がするが、『お買い物日記』 担当者と芸能人や文化人、スポーツ選手の話をすると、1-2週間以内にテレビで見る確率が異常に高い。

よく見る芸能人ならまだしも、
「そう言えば何年も見てないねぇ」
とか、
「あの人は芸能界を引退したんだっけ?」
など、久しく姿を見ていないどころか世間の話題にもなっていないような人の話をしても、ほぼ間違いなく画面で見ることになる。

今となっては誰かの話をしたあとで
「こうやって話題になったっていうことは近いうちにテレビで見るね」
などと二人で言い、そしてやはり何日か後にテレビに現れ、
「やっぱりね」
ということになるのだ。

もしかすると、『お買い物日記』 担当者か自分のどちらかが予知能力を授かったのかと思ったりしないこともないが、残念ながら自分たちの先のこともわからないので単なる偶然なのかも知れない。

あるある2. もうダメかと諦めると復活する。

使っているものが壊れたり、そろそろ寿命かと思って買い替えを検討したりすると復活することが多い。

ショウコが一昨年から入退院を繰り返したため何度も帰省したが、その際に大活躍したのがキャスター付きの旅行カバンだ。

持ち手がスライド式で伸び縮みするのだが、ある日の移動中に調子が悪くなり、伸ばした状態でカチッと固定できなくなってしまった。

10年以上も使い続けたものなのでいよいよ壊れてしまったのかと思い、故郷や札幌で時間がある時に旅行カバンを物色したりして買い替えの準備を進めていたところ、
「だいじょうぶ、だいじょうぶ、壊れてなんかないもんねぇ~」
と、慌てて気を取り直したように持ち手からカチッと音がして固定できるようになったのである。

それは一度だけではなく何カ月後かにも再び同じ症状となり、今度こそ壊れてしまったのだろうと買い替える旅行カバンを物色すると、再びカチッと元気を取り戻す。

それから症状は現れていないようだが、ショウコがこちらに来たのでもう帰省する必要はなくなり、カバンそのものを使っていないので実際のところは分からない。

もしかすると油断して、また固定できなくなっているのではないだろうか。

最近、2013年に購入したタブレット端末でも同じようなことがあった。

何度も充電を繰り返しているためのメモリー効果で、いわゆる電池持ちが悪くなってきたのは仕方のないことだが、いくら充電しても 67%以上にならないという症状が発生したのは先月の中旬のこと。

充電を開始して数時間で 100%になっていたのに半日が経過しても一日経っても 67%のままだ。

その後も充電ケーブルを繋ぎっぱなしにしておいたところ 72%にまではなったが、どう頑張ってもそれ以上にはならなかった。

いよいよ買い替えの時期かと家電量販店の新聞折込チラシやネット通販サイトで各製品の価格や性能を調べて機種選定を始めたりしていると、
「だいじょうぶ、だいじょうぶ、まだ頑張るもんねぇ~」
と、慌てて気を取り直したように 100%まで充電できるように復活した。

それ以来、タブレットは元気に動いているので今は買い替えを検討してもいない。

あるある3. ピーマンの種が後で必ず出てくる。

料理をしていてピーマンを切り、種をとっても後で必ず 1個は出てくるのが不思議だ。

いや、それだけの話しである。

あるある4. 一日に一度は『お買い物日記』 担当者がくしゃみを10連発する。

最初の頃は風邪でもひいたのではないかと心配したが、それが毎日のことなので今は気にならなくなった。

ほぼ間違いなく毎日、夕方のパソコンに向かっている時間、あるいは食後のどちらかにそれは始まる。

その原因は不明で本人にも理由はわからないらしい。

コメント

お名前とe-mailアドレス、コメントは必須項目です *