ショウコノコト 6

昨日の独り言にも書いたが、あれだけスーパー婆さんだったショウコが普通の婆さんになってしまった。

誰でも歳はとるものなので、致し方ないことなのかもしれないが、ショウコの急激な変化に少し驚き、戸惑い、幾分かの悲しさも感じてしまう。

6/1の緊急入院から現在に至るまで、あまりにも様々なことが起こり、環境の激変に脳の処理が追いついていないのか、このわずか 4カ月弱で急速にショウコの記憶力は衰えてきたようだ。

緊急入院から数週間で別の病院に移ったのだが、最初に入院した病院の記憶が半分以上ないらしい。

自分が救急搬送され、点滴を受けたまま寝たきりで 2日間を過ごしたこと、何人もの人が心配して病室を訪れたこと、そして、自分と 『お買い物日記』 担当者が慌てて駆けつけたことすら記憶に残っていないという。

それは腎盂腎炎を引き起こしたウイルスが全身に回り、高熱を発して言語も怪しくなっていたくらいなので、ある程度は仕方のないことだとは思うが、それから先もショウコの記憶の曖昧さは続く。

叔母のレイコに買い物を頼んでおきながら、いつも世話になっている販売店の外商さんにも注文してしまったり、受け取ったものを受け取っていないと言ってみたり、大切な証書の置き場所を何度教えても覚えられなかったりと、以前では考えられない行動や言動が見られるようになった。

高齢者の場合、環境の激変が心や脳に大きなダメージを与えると聞いたことがある。

6月の入院、数週間での転院、退院直後に施設入居を決定、それからわずか一カ月で様々な手続きをして引っ越し、右も左も分からない町に連れてこられ、見たこともない建物で暮らし始め、初めて会う人たちと人間関係を再構築せねばならないという激動の数か月間は、自分たちですら記憶が曖昧になるほど目まぐるしく状況が変化し、山積する課題を一つずつ解決していかなければならなかったのだから、超高齢者のショウコにとっては年寄りの冷や水状態というか、ただでさえ入院期間に混乱した意識と記憶が大きくかき乱されてしまったかもしれない。

したがって、今は状況について来れていない脳も、落ち着きを取り戻せばまともになり、以前ほどではないにせよ少しは記憶力も戻って来はしないかと期待しているのだがどうだろう。

9/10にショウコが来てからというもの、毎日のように施設に行っているが、来週から少しずつ距離を置こうと考えている。

月末と月初は少なからず忙しいし、以前の独り言にも書いたように今月中に完成させなければならない Webページもあり、既存サイトのスマホ対応も次にやらなければならない。

ゆえにショウコばかりかまっている場合ではないのである。

ショウコには少しずつ慣れて落ち着いて、生活のペースをつかんで記憶力が戻ってほしい。

そして、自分たちも生活のペースを戻して疲れ切った頭と体を元に戻したいと心から願ったりしているところである。

コメント

お名前とe-mailアドレス、コメントは必須項目です *