ショウコノコト 4

契約が完了した。

午前中、ショウコが入る施設に行き、様々な説明を受けた上で契約書に署名捺印してきたので、もう安心である。

これで施設に入れることが 100%確定した訳であり、ショウコの気が変わらない限りは同じ町で暮らせるということで、故郷を失ってしまうのは少し寂しいが、年に何度かの帰省で体力を極端に消耗することもなくなる訳だ。

ただし、ショウコの移動が完了し、実家の処分が終わるまで、まだ何度か行かなければならないだろう。

とりあえず来週は帰省、翌週は家にいるが、次の週はまた帰省し、いよいよショウコが故郷を離れることになる。

来週の帰省では不用品の処分から土地と建物の売却まで任せる業者と打ち合わせしたり、引っ越し業者と打ち合わせして見積りしてもらわなければならない。

そして、タイミングを見て荷物を移動してもらってこちらの町で受け取り、もういつでも出入り可能になった施設の部屋で荷ほどきして受け入れ態勢を整える。

実家にある仏壇は移動できないので、お寺さんに魂抜きをしてもらって位牌などだけ移動できるように手はずを整えておく。

ショウコの移動手段をあらかじめ確保しておき、家の中の何を持って行かれても困らない状態にした後に家の売却をお願いする業者にカギを渡して町を出る。

それ以外にも寺の納骨堂にある父親の遺骨をどのタイミングで移動すべきかとか、家の売却が決まったら諸手続きのために行かなければならないが、その際にはもう実家に寝泊まりする訳にはいかないのでどうするかなどなど、やらなければならないことが山積みだ。

確かに言った。

自分たちが様々なことを処理するからショウコは何もしなくて良いと。

確かにそう言ったが、
「はいはい」
と素直過ぎる態度で鷹揚に構えていられると若干の腹立たしさを覚えないでもない。

しかし、年齢相応の記憶力になってしまったショウコに日程の調整やら引っ越しの段取り、細かな打ち合わせなどは困難だと思われるので仕方がないか。

前回の帰省の際、近所に住むショウコの友達が遊びに来た。

そもそもは、電話で退院を伝えようとしたのだが先方の電話機の調子が悪く、会話にならなかったため話を聞きに来てくれたのだが、その会話の内容をまともに聞いていると疲れてしまう。

まずはその電話機の調子が悪いという話、次にショウコが入院するに至った理由、その二点が延々と繰り返される。

互いに高齢化に伴う記憶力の低下から、同じ話を何度も繰り返すし、何度でも同じ話を聞いては
「あら、そう」
とか
「大変だったねぇ」
と、そのたびに新鮮なリアクションを示す。

二人の会話は 2時間近く続いたが、大まかにはその二点と、最後に歳をとると記憶力が悪くなるということしか話していなかったのではないだろうか。

そのおぞましい会話からも分かるように、今更ショウコに事務処理だのスケジューリングなどさせようと思っても無理だと諦めているので、実家を処分して施設に移り住む手はずや段取り、契約関係から本籍や住民票の移動から何から何までやってやらなければならないのである。

色々なことを考えて頭が爆発しそうになっていたが、今日の契約で一段落だ。

かなり肩の荷が下りて気分も楽になった。

しかし、安心して気が緩んでしまったのか、あちらこちらで冷房の風に当たったからか、鼻がグシュグシュし始め風邪のウイルスが体内で繁殖しているような気がする。

今夜はひとまずの祝杯をあげ、早めに寝ることにしようと思う。

コメント

お名前とe-mailアドレス、コメントは必須項目です *