雑感 なんとなく感じたこと 最終稿

突然ではあるが、本日の更新をもって雑感を終了する。

2000年の 9月から始め、この 8月で丸 17年となった。

いつまで続くか、いつまで続けるかと思っていたが、今月で丸 17年という節目でもあることだし、その他にも理由があって色々と考えた結果、本日の投稿をもって雑感の更新を終了することにしたのである。

最大の理由は優先順位だ。

管理人の独り言、そしてこの雑感の他にも複数のサイトを運営しており、あちらこちらで文章を書いているのだが、その中の一つで母親のこと、叔母のことを書いているため、この雑感に書いていたショウコノコトレイコノコトとも内容が完全に重複してしまう。

あっちで書いたことをこっちで書く気にはならないし、コピペするのは SEO的によろしくない。

普段の生活で思うことや感じることは別のブログにも書いているし、独り言でも触れている。

つまり、雑感に書くことが限定され、最近は過去の文章の続きであったり補足であったり、まるでハリウッド映画や日本のテレビドラマのように続編に次ぐ続編となってしまって書いていても新鮮味がない。

他のサイトでネタを使い切ってしまっているため雑感に書くことがないのが現状で、土曜の午後に悪い頭をフル回転させ、無い知恵をしぼってネタを絞り出すことが困難になってしまった。

しかし 17年間もよく続いたものだと我ながら感心する。

大阪から北海道に引っ越す際の混乱の中でも休まず、義兄が亡くなった直後も、『お買い物日記』 担当者が大病で入院している最中も、母親が入院し、その後この町に移り住むことになったゴタゴタの日々の中でも休むことなく続けてきたのは、たとえ悲しいことや腹立たしいことでも文章化し、書き殴ることによってストレスを発散していたからだと思う。

ところが今、他にストレスのはけ口があるので雑感を書くことは解消にならず、むしろそれがストレスとなることが多くなってきた。

これからは、他のサイトであまり気負うことなくダラダラと文章を書いていこうと思う。

 

自分本意な意見、超主観的な思いの詰まった単なる駄文を読んでいただいた方々には心から感謝を申し上げる。

 

最後に、いつも誤字脱字をチェックし、指摘してくれた義姉には深い感謝を申し上げるとともに、心からお礼を申し上げたい。

2 Comments

  1. 実は、読むのを楽しみにしていました。読み逃げばかりでしたが。
    長い間、ありがとうございました。
    千里丘のこと、忘れないで頂けたら嬉しいです。

    1. こちらこそ駄文、長文をお読み頂きありがとうございました。
      千里丘を忘れることはないと思います。
      これからも管理人の独り言は続けますので宜しくお願い致します。

コメント

お名前とe-mailアドレス、コメントは必須項目です *